桜 島
鹿児島のシンボル桜島!!

 標高1118mの活火山で今でも時折噴煙を上げており,鹿児島市内のほとんどの場所から猛々しい雄姿が眺められる鹿児島のシンボルそれが桜島です。
 地名の由来は,神話にもとづく”コノヤサクヤヒメ”のサクヤがつまってサクラになり,桜島となったという説が有力なようです。以前は,桜島にはサクラの木はほとんどなかったと記憶していましたが,最近では,町が力を入れたのでしょう 桜の名所になりつつあるようです。
 桜島へはフェリーで約15分で行けますが桜島町の独占航路のためかフェリーの渡船料金が高いのがいただけません。人の渡船料は安いのですが・・
わが胸の燃ゆる思いにくらぶれば
             煙はうすし桜島山
まだあります鹿児島からの眺望はここからお入りください  
(ナローバンドの方には画像が大きく迷惑をおかけいたします)
桜島へ向かう桜島フェリー
甲突河畔から
垂水から
石橋公園から
国道10号線姶良から
鹿児島南港
材木港
谷山永田川
日の出(鹿児島本港)
新天保山大橋
鹿児島本港横
鹿児島本港横のボードウォーク
ウオーターフロント
ウオーターフロント
与次郎長水路
鹿児島新港
与次郎から
建部神社から
与次郎から
日本丸入港
鹿児島女子短期大学から
左から韓国岳 高千穂 桜島(欲張って3山を入れてみた)
南州神社から
長島美術館から
次のページには桜島島内の写真を掲載


桜島パートUへ