仙 巌 園 (通称磯庭園)
通称では磯庭園と呼ばれているが正式名称は仙巌園といい1658年19代藩主島津光久候の代に別邸を構えたのが始まりである
名勝庭園として国の文化財に指定されている
錫 門(朱塗りの門)
当初はここが正門であったらしい
現在庭園の入口は尚古集成館側にあるが本来の正門はここである
   獅子乗大石燈籠
疉8畳ほどの笠石の上に逆さの獅子が乗っている
御殿前のやくたね五葉の松
わが国の孟宗竹は中国の江南竹を琉球を通じて2株をこの地に植栽したのが始まりで全国に広がった
御殿横の庭から
29代忠義時代には本邸として使用
御殿横の庭
28代斉彬候がガス灯を西洋から取り寄せわが国で初めて点灯したという鶴燈籠(右中央)
        尚古集成館
集成館は斉彬候の富国強兵・殖産興業政策に基づく幕末におけるわが国最新かつ最大の工場だった
すぐ近くにある異人館

最後の藩主忠義候はイギリスから洋式紡績工場技術者を招き木造2階建ての技師居館に住まわせた





和服のご婦人を見かけたので・・・
レストラン前からの風景
生垣の向こうは国道10号と日豊本線が並行して走っている
曲水の庭の下にある池
曲水の宴はここから
1 仙巌園 6 霧島丘ケ公園
2 吉野公園 7 錦江湾公園
3 岩屋公園 8
4 平川動物公園 9
5 霧島アートの森 10 その他の公園