田之浦山宮神社だご祭り
写真をクリックすると大きな写真が表示されます。
〜〜〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜〜〜

 志布志市の市街地から北へ約10kmの山間に位置し、古くから田ノ浦地区の鎮守として崇敬されている田ノ浦山宮神社の春祭り
「だご祭」が2月4日行われ、「だご」(うるち米の粉で作った団子)と「神舞」が奉納された。
 このだご祭りは、無病息災、五穀豊穣、家内安全を祈念する伝統行事で、今年は晴天に恵まれ、神舞は6段の奉納となった。
なお、鹿児島では「神楽」のことを「かんまい」又は「かんめ」と呼び、笛、太鼓の奏楽だけの場合が「神楽」と言い、舞を主体とした
場合は「神舞」と言って区別している。             《 志布志市指定無形文化財 》  19.2.4 撮影  

戻 る