〜 餅 引 き 〜

(吹上小野集落の田の神講の餅引き 19.3.21撮影)


画像をクリックするとジャンプします


吹上小野集落の田の神講の一環として集落の田の神様の前で子供たちが餅を口に咥えて引っぱりこするという珍しい行事がありました。
自治会長さんの話によると起源は定かでないが、かなり昔から行われていたという。神主さんを呼んでの神事に始まり、昼食を摂り
餅引きやその他の行事をこなし、夜の飲み食いに進んでいく、この飲み食いが一番の楽しみだということです。
昔、娯楽の少なかった時代の村人たちの唯一の楽しみだったのだろうと推察しますが、
子供の減少で、大人も餅引きに参加しなければならず今後が危ぶまれそうです。