BGM=Remair さすらい
〜☆ 大木場のおんけ ☆〜
( 南さつま市大浦町 20.2.11撮影) )
 

昔、大浦の各集落では講を催して、くじで当たった者が代表してお伊勢詣りに行っていました。お伊勢詣りから帰ってくる人を「お迎え」

するという言葉がなまって「おんけ」といわれるようになったとか。嫁女姿の男性の抱く御神体を柴でなで、その柴で村人を撫でることで

邪気を払います。他の集落では棒踊りや疱瘡踊りが残っていますが「おんけ」は大木場集落にだけ残っている奇習です。 < 地 図 >

昨年の大木場のおんけ


上の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると
順に表示されます。キーボードの ← → を押しても順に表示されます。

前へ次へ