〜 浜 下 り 〜 ホームに戻る 一覧に戻る
(21.10月18日)

隼人浜下りは、西暦720年に端を発する鹿児島神宮の歴史的伝統行事。隼人の霊を鎮めるために隼人塚の建立とともに始まった。

1300年の歴史がある「隼人浜下り」は昭和9年に途絶え、65年ぶりに復活して今年で10年目 (霧島市観光協会資料より)

9時からの鹿児島神宮での神事に始まり、14時30分の浜の市漁港での放生会で終わる長時間の行事のため隼人塚までの行列を追った。

上の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると順に表示されます。

前へ次へ