おねっこ(鬼火焚き) 南さつま市金峰町白川 24.1.8 = Home =
南さつま市金峰町白川の”オネッコ”は珍しい鬼火焚きです。前日の朝から父兄や集落の人々が、一日かけて櫓を建てます。
櫓の中には囲炉裏が作られ、日が沈み、辺りが真っ暗になったころ集落の子供たちが櫓に集まってきます。
夜になると歌を歌ったり、新年の抱負などを述べるなどして子供たちは、その夜をやぐらの中で過ごします。
朝、5時くらいに起きると櫓の中を整理し、大人たちと一緒に櫓に火を点けて燃やします。勢いよく燃え上がる炎と竹のパン
パンと弾ける音が当たりに響き渡ります。火の勢いがおさまってくると、子供も大人もお餅を竹の串にさしたり金網などで
炙って食べます。鬼火の火で炙った餅を食べたり火に当たると体が健康になり一年間病気にならないと言われています。
私もお餅を頂きました。きっとこの一年、健やかに過ごせると確信ています。

下の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると順に表示されます。


戻る次へ